遺族年金

[概要]

国民年金加入中に死亡した夫(妻)に生計を維持されていた「18歳未満の子のある妻(夫)※」または「18歳未満の子※」に対し、遺族基礎年金が支給されます。
(平成26年4月から「子のある夫」にも遺族基礎年金が支給されるようになりました。)
厚生年金加入中であった場合、「妻(夫)」または「子」などに対し、遺族厚生年金が支給されます。お子さんが18歳未満(※)の場合は、遺族基礎年金が加算されます。

[支給内容]

遺族基礎年金:基本額(その年の老齢基礎年金の満額)に子の人数に応じた額を加算した額
遺族厚生年金:夫(妻)の老齢厚生年金(報酬比例部分)の4分の3に相当する額

[対象者]

遺族基礎年金:国民年金加入中に死亡した方に生計を維持されていた「18歳未満の子のある妻(夫)※」または「18歳未満の子※」
遺族厚生年金:厚生年金加入中に死亡した方に生計を維持されていた「妻(夫)」「18歳未満の子」「55歳以上の父母」「18歳未満の孫」「55歳以上の祖父母」

※遺族基礎年金の対象となる「子」が1級、2級の障害のあるこの場合は、20歳になるまで支給されます。

[申請できる人]

夫(妻)の国民年金や厚生年金の保険料納付要件を満たしている対象者

[申請期日]

以下のリンク先を参照の上、各手続場所にお問い合わせください。

[手続きなど詳しくは]

「遺族年金(川越市サイト)」または「遺族厚生年金を受けられるとき(外部サイト)」をご覧ください。

遺族年金(川越市サイト) 遺族厚生年金を受けられるとき(外部サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく