認定こども園への入園

[概要]

保護者の就労に関わらず利用でき、幼児期の教育と保育を一体的に行う施設です。 平成29年度、川越市内では幼稚園からの移行により2園の認定こども園があります。 認定こども園(市外園を含む)を利用する場合は、利用形態に応じた認定を受ける必要があります。

<概ね4時間程度の幼児教育を利用する場合>
教育標準時間認定(1号認定)を受ける必要があります。

<1日最大11時間の保育を利用する場合>
保育認定(満3歳以上は2号認定、満3歳未満は3号認定)を受ける必要があります。

[対象者]

<教育標準時間認定>
3歳になって以降最初の4月から小学校就学前のお子さん。
※園により、3歳の誕生日を迎えたら、翌年4月を待たずに年度途中から入園できる、満3歳児保育を行っています。

<保育認定子ども>
0歳から小学校就学前までの、2号認定(3歳以上)または3号認定(3歳未満)を受けたお子さん。
※受け入れ月齢は施設により異なります。

教育・保育施設の利用認定についてはこちら

[申し込みできる人]

対象となるお子さんの保護者

[利用料(費用)]

利用者負担額(保育料)は、世帯の所得状況、お子さんの年齢などに応じて市が定めた額となります。(このほか、施設ごとに定める一時預かり保育や通園送迎費、給食費などに実費負担等があります。)

教育・保育施設、地域型保育の利用者負担額についてはこちら

[申し込み期限]

・4月入園については、例年10月頃から受け付けを行います。
教育標準時間認定は、利用したい施設に直接申し込みます。
保育認定は、市に申し込みます。

[手続きなど詳しくは]

「子ども・子育て支援新制度について(川越市サイト)」または「保育園等(川越市サイト)」をご覧ください。

子ども・子育て支援新制度について(川越市サイト) 保育園等(川越市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく