教育・保育施設、地域型保育の利用者負担額(保育料)

[概要]

子ども・子育て支援新制度による給付を受ける教育・保育施設の保育料(利用者負担額)は、国が定めた額を上限として、自治体が認定区分ごとに、世帯の所得状況、利用時間(標準時間・短時間)、お子さんの年齢などに応じて定めた額となります。
また、お子さんの人数やご家庭の状況に応じた軽減措置などもあります。

保育料の軽減についてはこちら

※ただし、新制度による給付を選択しない幼稚園の保育料は、園ごとに定める額となります。(所得に応じて就園奨励費が支給されます。)

幼稚園就園奨励費についてはこちら

[手続きなど詳しくは]

「教育標準時間認定(1号認定)子どもに係る利用者負担額について(川越市サイト)」または「保育園等の申し込みについて(保育認定(2号・3号認定)子どもに係る利用者負担額)(川越市サイト)」をご覧ください。

教育標準時間認定(1号認定)子どもに係る利用者負担額について(川越市サイト) 保育園等の申し込みについて(保育認定(2号・3号認定)子どもに係る利用者負担額)(川越市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく