ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

[概要]

29年度より新規事業としてひとり親家庭の親またはお子さんがより良い就職等を目指すために、高等学校卒業程度認定試験に関する講座を受講した場合に、支払った受講料の一部を支給します。
給付金は下記の通り、段階に応じて2種類があります。

[支給内容]

<受講修了時給付金>
対象講座修了時に受講費用の20%相当額を支給(上限10万円、4000円以下は支給なし)

<合格時給付金>
受講修了時給付金を受けた者が受講修了日から起算して2年以内に認定試験の全科目を合格した場合に受講費用の40%相当額を支給(受講修了時給付金と合わせて上限15万円)

[対象者]

市内在住のひとり親家庭の親およびお子さんで以下の条件を満たす方
・ひとり親家庭の親が児童扶養手当の支給を受けているまたは同等の所得水準にあること
・認定試験合格が適職に就くために必要と認められる者であること
ただし、既に大学入学資格を取得している方、過去に本給付金を受給したことのある方は対象外となります。また、児童については20歳未満を指すため、給付金申請日時点で超えてしまうと対象外となります。

[申請できる人]

対象となるご本人

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業(川越市サイト)」をご覧ください。

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業(川越市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく